さあ、顔を上げて。00しな0やかな肌と、笑顔で前を向く。曇りない心で、明日を見て。晴れ、巡りゆく、この肌と、生きて行こう。 さあ、顔を上げて。00しな0やかな肌と、笑顔で前を向く。曇りない心で、明日を見て。晴れ、巡りゆく、この肌と、生きて行こう。
TV CM放映中

2021年、CACは生まれ変わります。

2021年
CACは
生まれ変わります。

Brand Vision

今までも、これからも。
笑顔をつくり続ける。

1979年に誕生したCAC。
小さな製薬会社の営業だった創業者が、
肌に悪影響を与える化粧品の氾濫に心を痛め、
自らの手で化粧品の試作を始めたのがそのはじまりです。

CACは、「Cell」「Active」「Circulation」という言葉の頭文字から生まれた
ブランド名。
排泄器官である肌の機能を妨げず、
角質層をすこやかに導くことで、
細胞の生まれ変わりのサイクルを活性化させるという意味です。

その名の通り、肌本来の機能を目覚めさせるそのチカラは、
悩める多くの肌を救い、日本中に信頼の輪が広がって行きました。

約半世紀の時間が流れた今、わたしたちは創業時と同じポリシーを貫いています。
身体としての肌の機能は、
変わらないからです。

そして、CACは輝く未来へ向けて、
お客様ひとりひとりに寄り添い、
未来の笑顔を作り続けて行くために、
今、新しく生まれ変わります。

※Cellは細胞、Activeは活性、Circulationは循環


Brand Promise

どんな時も忘れてはならない、
わたしたちが、
一番大切にするお客様との約束。

CACは、
肌への優しさを追求し、
お客様ひとりひとりに
寄り添い、
未来の笑顔を約束します。


Brand Target

肌に悩む、すべての人へ。

多くの方々が、何かしらの肌トラブルに悩まされている現実を
私たちは直視し続けてきました。

不調和を抱える肌に悩むすべての人へ。

私たちは、どんな肌悩みにも向き合い、
最後まで必ず寄り添い続けます。

お客様が素肌に自信を持ち、
笑顔を咲かせることを願って。

一途に、
肌と向き合う

CACは、
これからも一途に肌と向き合い続けます。

肌の真実と真摯に寄り添い、
決してぶれない商品づくりを貫くことが、
お客様の笑顔のためであると信じて。

CACの
ロゴ・ブランドマークが
新しくなります

logo

皮膚の細胞を自ら循環させる
Cell Active Circulation
という根幹となる概念の頭文字から生まれたブランド名。

健やかで、滑らかな肌の巡りを想起する
Cのラウンド。
対局する直線的なAのラインは、
まっすぐ誠実な企業姿勢を、
跳ね上がる線は、生き生きとした肌の弾力、
上向きになった
お客様の気持ちを
表現しています。

商品に対する自信と、
お客様への信頼感や期待感を感じてもらうために、
やさしい文字タイプにしました。

新しいブランドマークは、
CAC CONCEPTIONです。
CAC CONCEPTION
(シーエーシーコンセプション)とは、
CACの肌に対する考え方、
そこから生まれた成分や商品を
一体となって表現したものです。

品質保持成分(防腐剤・保存料)を
一切使用しないための
ディスポーザブル容器を中心に、
肌に限りなく近い保湿成分、
生き生きと目覚めた肌の細胞など、
一途に肌と向き合い続けてきたこだわりを
結晶化しました。

これからも、
ずっとこだわり続けていくために。

代表よりご挨拶。

CAC から全ての方への変わらぬお約束、
「肌へのやさしさを追求し、
お客様一人一人に寄り添い、
未来の笑顔を約束する」。
私の「想い」も、
このブランドプロミスに込められた
社員一同の想い、そのままです。
CAC のCAC たるゆえんである
「無添加」のコンセプトを徹底して
守り続け、
それが故に生じる
毎日の手間暇を越えた先にある
「お客様の笑顔」にお導きできるよう、
販売店の皆さま方のお力添えを得て、
「一途に、肌と向き合う」
真摯なブランドでありたいと思っています。

一人でも多くの方に
CAC を知っていただきたい。
一人でも多くの方に
CAC を感じていただきたい。
そして、一人でも多くの方に
ありのままの美しさを
見つけていただきたい。
そんな想いを叶えていけるよう、
CAC に関わっていただいている
全ての方とともに、
確実な歩みを始められればと思います。
前を向いて!

代表取締役

篠原淳史

PAGE TOP