CAC SKIN CARE +

vol. 8

抜け毛が気になる乾燥の季節こそノンオイルシャンプーで頭皮をすこやかに。(前編)

抜け毛、シャンプー

2018.01.25

冬はなぜ抜け毛が増えるの……?

寒さが厳しくなってきたこの頃、頭皮がカサカサする、抜け毛が気になる、などの悩みはありませんか? 一体、なぜ髪の毛が抜けやすくなるのでしょうか。

夏に比べて汗をかく機会が少なくなる冬場は、頭皮が乾燥しやすく、毛穴の汚れが詰まりやすくなる時期。空気が乾燥しているうえに暖房の影響でさらに乾燥してしまうため、リンスやトリートメントなどオイルを含んだヘアケアを頻繁に行うようにしているという方も少なくないでしょう。

しかし、オイル成分は頭皮に残留してしまいます。すると、毛穴の汚れがさらに蓄積し、抜け毛が増える一因に。オイルを含んだリンスやトリートメントでしっとりしたように感じるのは、実際にはオイル成分が残っているだけ。オイルとともに頭皮や髪に長時間残留する品質保持成分や洗浄料などによって、頭皮や髪自体の乾燥が進んでしまうことも多いのです。

また、乾燥すると、ブラッシングなどで髪が絡まりやすくなり、抜け毛を促進させてしまうこともあります。さらには、年齢とともに新陳代謝が弱まったり、寒さによる冷えで血管が収縮したりすることも抜け毛の原因。頭皮の排泄機能が低下すると、髪の潤いに寄与する汗や皮脂が出にくくなり、毛穴の汚れが落ちにくくなります。そこへ、オイル成分の入ったヘアケア製品を使い続けると、汚れが定着して抜け毛が増えてしまう、というわけなのです。